バイク買取アドバイスのメイン画像

中古バイクは品薄つづきで、とくに外車は在庫切れで市場は逼迫。売り手市場のいま、買取に出すなら交渉術が大事。

中古バイクの外車を、少しでも高く買取させる方法は?

中古バイク市場は、国産の新車や中古車よりも外車に人気が集中しています。

とくに外車は在庫切れで市場は逼迫しているとも言われています。

つまり外車の供給数はつねに不足している状態ということです。

買い手よりも売り手が有利な“売り手市場の状態” にあります。

売り手市場のいま、高価買取を目指すなら交渉術を身につけておくことが大事です。

車庫に眠っている外車をいかに高く売るかは、①一括見積もりで事前チェックする。

②査定に来ても即決しない。

③交渉術で買取価格をアップさせる。

④買取フェアなどのイベントを活用する。

ザックリこの4つを念頭に置いて臨みましょう。

③の交渉術とは、言ってしまえば、「明後日、別の買取店に来てもらうので返事はその時に」、「けっこう外車の中でも人気がある車種だから、その値段なら別の買取に出します」、「そんなに安いなら売るのやめます」など、相手を焦らせたり、競り合ったりする心理をうまく活用することです。

また、売り手市場のときは、どんな買取会社であっても即断即決は損です。

外車の中古は品薄なので、バイク買取の業者は1台でも多く買取りたいはずです。

少なくても2社~3社査定を受けて、それから決断しましょう。

競合していることを査定員に伝えれば、それだけでも買取価格が上がります。

ただ、相手も商売ですので無理に高価金額を提示し脅すようなことをしたり、実際は他社から見積もりを受けていないのに「他社はこの金額を提示してきた」などの嘘をついてはいけません。

あくまでも誠実に交渉をおこなってください。

Copyright (C) バイク買取アドバイス(www.inzerce-zvirat.com) All Rights Reserved.