バイク買取アドバイスのメイン画像

バイク買取のシステムを利用する他にもバイクを売る方法があります。自分で中古バイクの販売店を巡り、指値で交渉するバイカーもいます。

指値での売買交渉も、バイク買取の醍醐味

バイクの売買は、新車を買って乗り換えの時期が来たら、バイク買取の業者に買い取ってもらい、それを資金に新しいバイクを買うといった流れがセオリーです。

しかし、私の友人は敢えてバイク買取の複数の業者による一括見積システムを利用せず、中古車販売店などを逐一巡って指値で交渉しています。

彼はいわゆるレア車オタクで、乗り継ぐバイクもすべて中古車です。

年代物で型式・年式の古い輸入バイクを専門にしています。

これはあくまでも彼の持論ではありますが、「本当に手入れされたレア車であれば価値は落ちない、機能が古くても乗る価値があると判断されれば高値で売れる」のだそうです。

関連リンク≫≫http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=3148

彼の乗るバイクは、いつもピカピカで入念に整備されています。

次に売るときのこと、次にそのバイクに乗る人のことを考えるからこその行動であり、私の知る限り無類のバイク愛好家です。

中古車販売店での指値での取引の経験を買われて、バイク買取の業者からスカウトされたこともあるそうです。

バイクは走行距離やメーカー、年式などを入力することでだいたいの査定額がわかりますが、バイクショップと実際に指値で交渉してみないと本当の価値はわからないことも多いです。

知人は、「バイク買取の複数社一括見積もりや査定を利用する人は、一度でいいから販売店に行って指値での交渉を経験してみて欲しい」とも言っています。

そのやり取りの中にこそ、バイク買取の値付けの秘密が隠されているそうです。

Copyright (C) バイク買取アドバイス(www.inzerce-zvirat.com) All Rights Reserved.